ヒアルロン酸とは

ヒアルロン酸(hyalutonic acid)という物質分子組成は、グルコサミノグリカンの一種であり、学術上においては、ヒアルロナン(hyaluRonan)という呼び名があります。自然界にも多い物質組成の一種でもありますが、生物体内にももちろんあって、関節・硝子体・皮膚・脳などをはじめとする細胞外マトリックスのような部分に見られるような傾向があるようです。

中でもとくに、関節軟骨部分においては、アグリカンやリンクタンパク質などとの非共有結合を行いながら、超高分子複合体を作りつつ、軟骨部分における機能維持の面において大変重要である役割を果たしています。また、今話した動物類の関節部分の物質組成だけではなく、一部の細菌類の体内において、同じような構造を有している糖鎖の合成などをしたりしているものも見られます。ヒアルロン酸の含有率自体が人体面の関節部位において下がったりすると、そのおかげでそこの関節部分においての何らかのある程度の日常的な動作をしたりすると、ほんの少しの動作や作業などの動きをしたりしただけで予想外の痛みを感じたりするなどの症状が出たりします。

そういった神経系の部分においても痛みといったもの自体、関節部分の骨同士が体位の各関節部位部分においての関節骨同士のこすり合いにより著しくその部分が互いにすり減り、そのために日常面での屈伸動作などをしたりする際に、ある程度の障害が出たりするような感じになっていくという問題が起きる事になります。